不動産の契約前に用意

不動産契約で必要なもの


トップ » 不動産契約で必要なもの
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

不動産の賃貸契約に必要なもの

不動産会社と賃貸契約を結ぶときには、どのようなものが必要なのでしょうか。手続きを行う会社によって必要なものは異なることがありますが、一般的には、住民票と印鑑証明、源泉徴収票など収入を証明するもの、家賃などを銀行口座から引き落とす場合は、銀行口座の番号が分るものや、銀行届出印も必要になります。また、敷金や仲介手数料などは、現金で支払わなければいけない場合もあるので、お金の準備も必要です。不動産の契約の手続きに必要なもので、住民票などは役所に取りに行かなければいけないので、何が必要なのかは、事前によく確認しておきましょう。

はじめての契約でドキドキです。

私は今年大学2年生になる女子大生です。地元の大学にいっているため、実家から通っていましたが今年から一人暮らしをさせてもらえることになりました。念願かなって、すごく嬉しいです。親からの条件は自分で不動産屋さんにいって物件を探し契約等自分ですべて行うことでした。人生勉強の一環なんだと思います。なにも分からないのでとりあえず業者さんに行き話を聞いて物件もいくつか見せてもらいました。そのなかに、自分好みな物件があったのでそれに決めました。不動産契約のとき判子押すとき緊張しちゃって若干震えましたが無事に自分ですることができました。これからの一人暮らしが楽しみです。