不動産の買取と売却

不動産が売れない場合には


トップ
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

不動産を業者に買い取ってもらう

不動産を売ろうとして業者に依頼すると業者が適当な買主を探してきてくれます。その後、その買主と売買契約を結んで業者に仲介手数料を払うということになります。これが媒介契約です。しかし、買主が見つかるまでには時間がかかる場合もあり、すぐに現金が欲しいという時にはその要求には答えられません。そこで、業者の側に不動産を買取ってもらってすぐに現金を手に入れるという方法があります。ただし、業者が買い取ると、登記や税などの費用がかかったり販売するための経費もかかってしまうので、媒介契約で売却したよりも価格が安くなってしまうデメリットもあります。メリットとデメリットを勘案してどちらがよいのか判断するとよいでしょう。

売却ではなく買取も有効です

不動産売却の際に希望していた価格でも売れないことがたまにあります。そんなとき買取をお願いすることがあります。つまり、所有物件を業者に買い取ってもらうことです。売却よりも速く現金化することができ、現金で受け取ることができます。また、仲介手数料が必要でないことも重要な要素です。しかし、売却額よりも安い値段での買取になりますので、どうしても今現金が欲しいとか、不動産を売り出してみたけど全く買い手がつかなったといった緊急事態には使われる手法です。メリットやデメリットを考えてどちらがいいのか選択していくことが大切です。